高く廃車を引き取り・買取してくれる愛知の業者《口コミ・評判》
愛知の廃車を引き取り・買取してくれる業者 > 廃車に関して > ローンの残債がある場合の廃車手続きについて

ローンの残債がある場合の廃車手続きについて

Pocket

おすすめ業者を見る

車の廃車・買取について

自動車を新たに購入した場合や車が不要になった時に乗っていた車をそのままにしていると自動車税は延々と払い続けなくてはならないし、劣化して長時間動かさないままの車は自走が不可能になることもあります。
車を処分するには廃車の手続きが必要になります。

ただ単に車体そのものを処分するだけではなく廃車には書類上の手続きが必要です。
まず廃車にするには専門の業者に依頼する必要があります。
自動車の解体を認可された業者でないとそれを行うことはできません。

廃車手続きに必要な書類は
所有者の免許証のコピー・車検証の原本・自賠責保険の原本・所有者の印鑑証明・印鑑証明と同様の実印・車検証上の所有者と同じ印鑑
が必要になります。

この他、住民票も廃車手続きには必要です。

廃車には永久抹消と一時抹消があり再販を目的とするかしないかで抹消方法が違ってきます。

ローンの残債がある場合の廃車手続きについて

再販を目的とする場合、そのまま所有者があれば名義変更ができません。一旦は車籍を解除し、購入相手が決まった時点で新しく登録をし直すことになります。
一方で解体などして車としての用途を失くしてしまう場合は永久抹消の手続きを行います。

がこの抹消手続きを行うに当たってローンの残債がある場合は多少手続きに違いが出てきます。
ローンの場合銀行などの金融機関でお金を借りてローンを組んでいる場合は所有権が使用者と同じ場合がほとんどですがローン会社やで字ーらーが所有者の場合は廃車を所有者の許可を得ずに行うことはできません。

このため廃車にするには所有者の名義を本人名義に変更する必要があります。
が、ローンの残債がある場合は所有権の譲渡の為の所有権留保の解除手続きが出来ずに廃車が出来ないこともあります。

もちろんローンの残額を一括で払えば手続きを行えますが、それが難しい場合はローンを組みかえることで所有権留保を解除することが可能になる場合があります。
がどうしてもローンの残債が返済できない場合はローン会社・ディーラーとの相談で解除をお願いするしか方法はありません。
残りのローンを支払うことを条件に、車を解体することを条件に解除してもらえることがあります。

残債のある車に関しては事前に相談するのが有効でしょう。

関連記事

おすすめ業者を見る

廃車に関して

廃車引取りのよくある疑問

愛知の廃車引き取り業者