高く廃車を引き取り・買取してくれる愛知の業者《口コミ・評判》
愛知の廃車を引き取り・買取してくれる業者 > 廃車に関して > 廃車にする走行距離の目安はどれくらい?

廃車にする走行距離の目安はどれくらい?

Pocket

おすすめ業者を見る

廃車にする走行距離の目安とは?

長く乗っている愛車でもいずれは廃車にしなければいけない時があります。
廃車にする時の走行距離の目安は大体どれくらいなのでしょうか。

もちろん、故障などの理由で早い時期に廃車しなければいけない場合もありますし、平均よりも長い走行距離を走れる可能性もあります。
結局はどれだけエンジンやその他の部品の消耗度が進んでいるかということがポイントになります。

基本的に廃車にする走行距離の目安というのは10万キロから15万キロになっています。
これは平均の数字ですので、それよりも短いことになる場合もありますし、長く乗れる可能性もあります。
ちゃんとメンテナンスしている車であれば、かなり長い期間乗ることもできますので、一概に数字だけでは判断することはできませんが、平均的な目安としては上記の数字になります。

消耗した部品を交換すれば長く使用することもできますが、費用対効果を考えると新しい車に乗り換えてしまった方が早いと判断するのが日本の基準です。

目安よりも長く乗れる可能性もある

廃車にする走行距離の目安は約15万キロとなっていますが、しっかりとメンテナンスしている車であれば約20万キロ程度は走行出来る可能性もあります。
目安よりも長く乗れる可能性もあるので、必ずしも15万キロが近いからといって廃車にしなければいけないというわけではありません。

オイル交換やタイヤの交換などを定期的に行っていたり、業者でのチェックをお願いしておけば、15万キロ以上でも全く問題なく運転できる可能性も高いです。
海外の基準で考えてみると20万キロ以上走っている車はたくさんあります。

ただし、車検費用の問題や、新しい車の方が燃費が良いという理由で、大体10万キロから10万キロ後半で廃車にしてしまう人が多いです。
エンジンを載せ変えてまで長く車に乗るという人は本当に少ないです。
乗ろうと思えば乗れますが、現実的な費用の問題で廃車にするという場合が多いのです。

関連記事

おすすめ業者を見る

廃車に関して

廃車引取りのよくある疑問

愛知の廃車引き取り業者